ビタミンとミネラルを含んだ食べ物で内側からニキビケア

ビタミンとミネラルを含んだ食べ物で内側からニキビケア

ニキビを治すには化粧品でケアするとともに、食べ物で内側からケアすることも大切です。

 

肌は食べたものでできているので食事の影響は大きいです。偏食や外食が多い方は、食事を見直すだけでも改善するケースがあります。では、どんな食事がニキビによいのでしょうか。

 

ビタミン

 

ビタミンAは健康な皮膚や粘膜を作るのに必要で、ターンオーバーを促してニキビの治るを早くする働きがあります。レバー、うなぎなどに多く含まれています。βカロテンから体内で合成することもできます。βカロテンはかぼちゃ、人参、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

ビタミンB2には角化を調整したり、皮脂分泌を抑制する働きがあります。卵、乳製品、レバー、うなぎに多く含まれています。ビタミンB6はターンオーバーを促したり、ビタミンB2とともに皮脂分泌をコントロールする栄養素です。カツオやマグロなどに多く含まれています。

 

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す、メラニンの生成を抑制する、抗酸化作用があり美肌を作る働きがあります。ニキビの炎症を抑制して色素沈着を予防します。コラーゲン生成が促されることで、ニキビ跡のデコボコの改善も期待できます。イチゴ、パセリ、ブロッコリー、赤パプリカなどに多く含まれています。

 

ビタミンEには抗酸化作用や血行促進作用があります。血流がよくなることでターンオーバーが促されます。かぼちゃ、アボカド、ナッツ、オリーブオイルなどに多く含まれていて、ビタミンCと一緒に摂ることで抗酸化作用が高まります。

 

ミネラル

 

肌の細胞分裂には亜鉛が必要です。亜鉛は体内の多くの酵素の働きにかかわっています。偏食をしたり外食や加工食品の摂取が多いと不足しやすいです。牡蠣、カシューナッツ、牛肉、ごまなどに多く含まれています。

 

マグネシウムにはイライラを抑えたり、ホルモンバランスを整えてターンオーバーを調節します。海藻やアーモンドなどに多く含まれています。

 

これらを意識してバランスがよい食事を摂ることでニキビの治りがよくなります。

 

 

もっとも内側からだけではなく、外側からも丁寧にスキンケアをしたほうがニキビには効果的です。基本的に私がおすすめしているニキビケアはルナメアacです。でも、本当は病院に行ってダラシンTゲルをもらったほうが良いんですけどね。ダラシンTゲル 通販でも購入することできますので、チェックしてみてください。

 

http://ecobitel.com/